英文法の呪いをときた~い!

英文法の強力な呪いをとくためには、生の英語を聞いて出会って「生英語パワー」を実感してもらうしかない!映画、ドラマ、リアリティショー、洋書などからのフレーズをアップしていきます。

小学校のローマ字

日本の小学生は、3年生になると国語でローマ字を学びます。

 

WHAT IS IT FOR?!

 

これが、英語を教える側には大弊害。

 

弊害その1:英語の発音が急に悪くなる。

弊害その2:中学でヘボン式ローマ字を学ぶと、どちらを使えばいいかわからなくなる。

 

ローマ字の授業のあと、多くの子どもたちが、

「今日学校で英語をやった!」

と言います。

 

そのたびに、今日学校で勉強したローマ字は「国語」

つまり、日本語であって、

日本語をアルファベットで書くとどうなるかを勉強したのよ、

と毎回説明することになります。

 

でも、ピンとこない子も多く、

あげくのはてに、

 

「私は」を ”WATASIHA”  と書いて、

英語を書いた気になってしまう。

 

「九州」は小学生のときは "KYUSYU" と書き、

中学になると英語の授業で "Kyushu" と書くことになる。

 

Wikipedia によると

ローマ字は、仮名をラテン文字に転写する際の規則全般、

またはラテン文字で表記された日本語を表す。

 

広辞苑によると

ラテン語を表記する単音文字。

 

英語教育が小学生にも入ってきている今、

国語でローマ字を学ぶ必要があるのか、

私には理解できないでいます。

 

なにか目的があるのかもしれませんが、

 

英語を教える側としては、

ローマ字が英語の発音をカタカナ発音にしてしまう一因と感じるときもあり、

大変残念。

 

さらに、小学校で学ぶローマ字は大人になったらどこで使用しているのかわからず、

 

WHAT IS IT FOR??????

 

と叫びたい!!

 

 

 

 

 

 

 

 

The earth is not a star.

 Which star is the closest to the earth?

 

Brain Quest Grade 1 の中にあった question

 

Brain Quest Grade 1: 750 Questions and Answers to Challenge the Mind: Ages 6-7

Brain Quest Grade 1: 750 Questions and Answers to Challenge the Mind: Ages 6-7

 

 

日本語で、地球に一番近い星は?と質問すると、

答えはいろいろ。

金星かなぁ?火星かなぁ? という人がいたり、

月? という人がいたり。

 

金星、火星の場合は the closest PLANET (惑星)

月 は、衛星。

太陽は恒星。

 

日本語の質問では、惑星も衛星も恒星も "星” なので、

 

正解は「月」ということになるでしょうか?

 

でも、英語で

Which star is the closest to the earth? と聞かれたら、

答えは ”The sun"

 

こういう質問の場合、

star って、恒星に限定されるんですね。 

 

日本語と英語のずれを見ることができるいい例だと思います。

 

やっぱり、英語は英語で学ばなきゃ。

 

そして、使用しているワークブックにあった文が

 

"The earth is not a star."

 

地球は恒星ではなく惑星、planet ですね。

 

Earth といえば、最近教室で紹介している歌は、やはりこれ。


Lil Dicky - Earth (official video)

ちょっと、*****というのが多いのが、教室で紹介するには残念。

 

でも、

We love the earth.

It is our planet.

We love the earth.

It is our home.

 

とみんなで歌えるのがうれしいです。

 

こう気温が高い日が続くと、あらためて地球温暖化が気になりますね。

 

What can we do?

 

できることを考えなきゃ~

 

 

 

 

take the cake

1年ぶりのブログ!

最近、映画のtrailerを使ってのレッスンをしているので、何を使おうかなと、探している間に見つけたものからのフレーズ。

 

子どもたちに人気の Descendants の 3 がついにこの夏上映とのことで、アップされていたtrailer がこちら


Mystery Trailer 🔮 | Descendants 3

 

Spells are made to be broken

日本でも英文法の呪いがとける日は近いかな

 

そのつながりで見つけたのがこちら


Descendants 3 New Character Looks Revealed

 

Evie looks like the fairest of them all, but that’s nothing new. Watch ‘em to the end to find out which VK’s new look seriously takes the cake.

 

" VK " 何かな? と思ったら、Villain Kids のことなんですね。

なかなか聞き取れませんでした。 

 

そして、”take the cake” !!

一番になる、優勝する、という意味があるんですね。

 

こんな発見が楽しい!

 

そして、子どもたち & 子どもとはもう言えない生徒たちと、こういう話題をシェアできることが楽しいです~‼︎

 

 

Dominique Ansel Bakery Tokyo

f:id:mew269:20180506220209j:image

 

Rosetta Stone Premium Club でのレッスンのあと、電車に乗る前にちょっと三越へ。

 

そこでかわいいパンを見つけ、明日の朝ごはんにといくつか買ってきました。

 

Dominique Ansel Bakery, クロナッツ発祥のお店なんですって? クロナッツというより、the Tokyo って感じのパンばかり買ってしまいましたが😅

 

一番左のパンがまだ少しはクロナッツっぽいかなあ。そば粉のパンです〜

 

Rosetta Stone Premium Club, 銀座にあるのがまたまた大きな魅力😍

 

次回はどこに行こうかしら⁇

 

So stoked💕

 

 

Rosetta Stone Premium Club 1st lesson

f:id:mew269:20180506212930j:image

ついに Rosetta Stone Premium Club に入会!

 

Trial lesson に感動し、英語を勉強しようという気になり、ついに入会。そして、今日は1st lesson.

 

1回40分の個人レッスンですが、中身が濃いこと〜

 

いつもと違う部分の脳を使って疲れてしまったらしく、いつになく帰宅してからさっさとお風呂に入り、寝る準備をしてしまいました💦

 

目標は、英語でプレゼンができるようになること。

 

英語以前に、内容が乏しい私ですが…

 

今日は、英検1級の過去問からトピックスを発展させてくれ、

 

tax の問題から demographics へ

urbanization の問題から

     Maglev (リニアモーターカー)

     megalopolis

religion の問題から creation vs evolution

Developing countries の問題から project loon

 

さっと関連のある動画をYouTube あたりから引っ張り出して見せてくれます。

 中でも興味深かったのは “Project Loon”

 

気球でwifiを飛ばす〜⁉️

 

レッスンの内容、録音してくれているので、それを聞くことで復習できます。

 

ロゼッタストーンソースネクストさんが売っているものより、さらに進化して見えるものを使って自学もできるらしいです。

 

半年頑張るぞー‼︎

 

So stoked✨

 

 

Am I a person?

教室で生徒さんに紹介していただいた

The Immitation Game (イミテーション・ゲーム)より

 

 Alan: So tell me.  What am I?

Am I a machine?

Am I a person?

Am I a war hero?

Am I a criminal?

Detective:  I don't judge you.

 

based on a true story ということに衝撃を受けた作品。

すごい話が世の中にはたくさんあるものです。

 

その中で、あまり英語目線で見たくはないですが、

ちょっと Am I a person? にターゲットをあててみます。

 

What am I?  Am I a person?

教室にある hedbanz というゲームにも sample question として記載されているので、

中学生が自学ノートに書いていったところ、

 

「変わった文だね」 だったか「おもしろい文だね」だかコメントされたうえ

次のように修正されていた。

Am I a person?  human

こんな言い方もあるよ、だったら、全然OKなんだけど。。。

 

気のせいか、文法で育った方たちは、どうも「この英語は間違っている」と

修正したがる印象? 偏見かしら?

 Native speaker の英語を「間違っている」と判断しているようなものだと思うんだけど。

 

過去にも、Go Dog. Go! という絵本の文を自学ノートに書いていった生徒、

 

Go, Dog. Go! (Beginner Books(R))

Go, Dog. Go! (Beginner Books(R))

 

やはり、

「おもしろい文だね。述語がないね。」

確かそんなコメントがあったような。。。

うろ覚えですが。

 

言葉から伝わる気持ちが大切!と思っている私には、

どうもその英語の見方に違和感を感じます。

 

そして、残念なのは、

子どもたちが、「何をどう伝える」以上に

「この文合ってる?」という見方になりきってしまうことがあること。

 

自分の気持ちを伝えるには、この表現の方が better かなあ?

と考えながら英語という言葉に向かいあってもらえると嬉しいな。

(日本語も考えちゃうけど lol